田中聖 借金に困り果てジャニーズの後輩を売っていた

2017年5月24日に大麻取締法違反の容疑で逮捕された元KAT-TUNの田中聖くん。

ジャニーズ脱退後は自身がボーカルを務めるバンドINKTで勢力的に活動しており、3月からスタートしたツアーの真っ最中での逮捕になってしまいました。

さらに、逮捕をきっかけに出るわ出るわ、借金生活女性問題など大麻で逮捕されていなくてもいずれは何かで逮捕されてたんじゃないかってくらいのめちゃくちゃぶり。

そのめちゃくちゃぶりはジャニーズの後輩も犠牲にするほどだったそうです。

スポンサーリンク

田中聖、借金に困り果てジャニーズの後輩を売っていた

INKTagrumさん(@inktagrum)がシェアした投稿

5月24日の夕方、渋谷区の路上で警察から職務質問を受けたところ、車内で大麻が発見され現行犯逮捕されました。

その後、メディアでは田中聖くんの周辺への取材が殺到、すると出るわ出るわの大盤振る舞い。

KAT-TUNに在籍していた当時から数千万円単位の借金や実家のローン返済などがあり、ジャニーズ解雇後はジャニーズ時代に稼いだ税金が払えなかったりと常にお金に困っていたそうです。

ジャニーズで真面目に活動していればいくらでも助けてくれる人はいたでしょうに…自ら辛い道を選んでしまうところが田中聖くんらしいですね。

田中聖くんの遊び相手であった女性は、初めてあった2012年のKAT-TUNの地方公演のときホテルで男女の関係を持ったそうで、それ以降、LINEで『お金が足りない』とお金の催促の連絡が来るようになったといいます。

そんななかで、自ら出張ホストのように女の子と男女の関係を持ってお金を稼ぐ事もあったそうで、実際に、週刊女性 2017年6月13日号にはそのLINEでのやり取りの画像も流出しております。

「いくら払うかによる」

「ライブやれば金はいる訳じゃないから、借金3100万円ありゃやってもやっても金なんか入んねーだろ」

「俺の所有物になる為にお前は産まれてきたんだよ」

と、かなり高圧的なメッセージを女性には送っていたようです。

さらに、田中聖くんは自らを売るだけでなく、ジャニーズの後輩をも売っていたそうです。

内容は、ジャニーズの後輩を女性に紹介し、紹介手数料として5万円をもらうというものだったそうで、後輩すらも売ってしまうほどの金欠状態、誰も助けてくれないあたりを見るとあまり人望は無いのかなとも思ってしまいますね。

他にも、所属事務所を素行不良で解雇になった俳優の山本裕典さんとも六本木のクラブで月一程度でイベントを開いていたようで、六本木界隈では田中聖くんの金欠ぶりは有名だったようです。

となると山本裕典さんも怪しいような気がしてきますが、どうなのでしょうか。

ジャニーズラボの最新ニュースをLINEで受け取りましょう。
※タイムラインでの投稿になります。

コメント